トラックと紙箱

見積もり

休憩をする

家族の場合と単身の場合の引越しはそれぞれ方法も違ってきます。
特に梱包などは単身場合、荷解きの際に1人で行うことが多いので、その点を考慮して行うことが大事です。
例えば本やCDは1つの箱に詰め込み過ぎるとかなりの重量となります。
しかしこの荷物を新居の暮らしで利用するのは自分となるため、詰め込み過ぎると後で持ち運びや開梱が大変になります。
そこで適度な重さで控え、残りのスペースには軽い物を入れるといった工夫が大事です。
また新居では使わない家電類や家具などは思い切って事前に処分をするのも一手段です。
大型の家財は単身の引越しプランでの料金を跳ね上げる要因になります。
単身引越しの場合でも業者によっては不要品の買取や回収サービスを行っているところがあるので、そういったサービスに任せるのも良い手段です。

ほとんどの専門業者や運輸業者の単身引越しプランでは、複数のオプションプランが用意されています。
基本プランとこのオプションプランの組み合わせによって、あらゆる利用者の需要を満たしています。
このためオプションプランをうまく工夫して活用することで、より自分の望んだ方法や料金を選ぶことができます。
例えば料金を下げたい場合は混載プランを利用するのが上手な工夫方法です。
混載は他の同じ方面に運送が必要な荷物と一緒に引越し荷物を運ぶことで、料金の引き下げを図ることができます。
また車の陸送も便利なオプションプランです。
遠方への転居でも車を運転せずにゆったりと引越し先まで別の交通機関で移動ができるので楽をすることができます。